STAFF BLOG

ミルク(牛乳)を入れて飲むと実は美味しいお酒とは

こんにちは、村田です。

昨日は雨雨雨雨。。。

気温も寒くうちの営業部長も悲しげな後ろ姿で外を眺めていました(笑)

Lili HanaReをオープンして約2ヶ月になります。

営業部長も時々顔を出しに来るようなスーパー重役勤務だったのですが、

GWを境にほぼ毎日、朝から晩まで我々と一緒に接客に励んでくれています♪

元々わんちゃんに対しても、人間に対しても見事なまでに敵意がなく、この世にいる全ての方に対し

尻尾をふりふりしながら愛嬌を振りまきます(笑)

そんなスーパー営業部長は今日も元気に出勤しています!

牛乳とお酒って組み合わせとしてどうなの?

 

今まで本ブログではコーヒーに関するお話、お酒(特にカクテル)のお話をしてきました。

前回のお酒ブログでは女性に人気のディサローの・アマレットについて記述しました。

女性に人気のリキュール、アマレットを使ったカクテル紹介!

今までコーヒー紹介ではカフェ・オ・レの紹介や牛乳を使ってフォームミルクを作る

カフェクリーマーの紹介などをさせていただきました!

カフェで飲むラテのミルクを家で作るには

 

しかし、お酒に関して牛乳が登場していない。

みなさん牛乳を使ったカクテルと言われて何を思い浮かべますか?

「カルーアミルク」「カシスミルク」「マリブミルク」

上記3つのカクテルはみなさん1度は聞いたことがある名前だと思います。

大好きな方も多いのではないでしょうか?

他にも牛乳を使ったカクテルは数多く存在します。

音楽家のモーツァルト生誕の地であるオーストリアのザルツブルクで生まれた

チョコレートリキュール「モーツァルト」を使った「モーツァルトミルク」

フロリダ生まれの「ピニャ・コラーダ」をベースにカルーアを加えた「カルーア・ピニャ・コラーダ」

ココナッツのコクとカルーアの香ばしい甘さが特徴です♪

好きな人はハマる?ウィスキーと牛乳の組み合わせ

 

ご紹介したようにフルーツ系の甘いリキュールととても相性がよく、まろやかな甘さにしてくれる牛乳。

しかし、これ以外にも実はウィスキーにいれることで非常に飲みやすく、美味しいお酒になることを

みなさんご存知でしょうか?

 

カウボーイと言われるウィスキーと牛乳の組み合わせ

「カウボーイ」とは、ウイスキーと牛乳を混ぜたカクテルのことを言います。

作る際にお好みで生クリームや砂糖などを加える人もいます。また、「カウボーイ」を作る時には

牛乳の味わいと調和するバーボンウイスキーを使うのがお勧めだと言われています。

 

そもそもウィスキーと牛乳は相性がいいのか。

私の周りにもウィスキーが苦手という方は多くいます。

ウイスキーが苦手な理由として聞いてみると、匂いを嗅いだ時の独特の風味やそもそもアルコールが強い。

そんな声が多くが挙げられます。

そこで、ウイスキーに牛乳を加えることで、これらが和らぎます。さらに、まろやかさや濃厚さが増すので、

ウイスキーと牛乳は相性が良いのです。

さらに、牛乳に含まれる成分であるアミノ酸がアルコールの分解を助けてくれることもあり、

二日酔いになりにくくなるというメリットもあります♪

おすすめのウィスキーの牛乳割り「カウボーイ」の作り方

 

おすすめといっても簡単なのですが、通常の「カウボーイ」はウィスキーに対して2倍ほどの牛乳を入れ、

軽く混ぜた後お好みでシロップを入れて完成です。

元々ウィスキーが苦手な方はウィスキー2、牛乳8程の割合で始めてみるといいかもしれません。

また、まろやかさをさらに出したい方は生クリームを入れることでより味がまろやかになり飲みやすくなりますよ♪

 

1番のオススメは、当店がコーヒースタンドであることは抜き。。。。にして(笑)

アイスコーヒーをいれるレシピです!

ウィスキー、牛乳、アイスコーヒー。

わかりやすく言うとウィスキーのカフェ・オ・レ割りです♪

ウィスキーの味とコーヒーのほのかな苦みをバランス良く牛乳がまろやかにしてくれます。

そこにキャラメルシロップなどをいれるとさらに飲みやすくなりますよ!

是非ウィスキー飲みたいけど苦手だという方、一度試してみてください。

 

あ。余談ではございますが、冒頭に登場しました当店の営業部長。

昨日より専用のInstagramアカウントを作りました(笑)

おヒマな時にでも見てあげてください!

いや、フォローしてあげてください!よろしくおねがいいたします♪

Lili HanaRe 営業部長 Mopu Instagramアカウント:mopu_wanwan

関連記事

  1. 江戸川橋卓球バー
  2. ビデオカメラ
  3. 東京体育館

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

PAGE TOP