STAFF BLOG

鳥取砂丘名物「砂コーヒー」を飲んでみた!焙煎に砂を使用する面白いコーヒー!

みなさん、砂コーヒーってご存知ですか?

鳥取県にあるふくべむら特産品本舗さんが提供しているコーヒーです。

鳥取土産としても人気だそうで、先日、お客様から鳥取土産として砂コーヒーをいただきました。

今回はその砂コーヒーについてご紹介したいと思います。

 

鳥取名物「砂コーヒー」で鳥取砂丘を活性化!

 

鳥取といえば。。。

鳥取砂丘!!

有名な観光スポットですね。

今回ご紹介する「砂コーヒー」は、実はこの鳥取砂丘の砂が使われています

 

鳥取砂丘の活性化のために、鳥取砂丘の砂を使って砂コーヒーを創り出したそうです。

 

もちろんコーヒー味の砂ではありません(笑)

 

コーヒー豆の焙煎の際、

砂丘の砂に厳選したコーヒー豆をサンドして、240度の高温で熱していることから、

砂コーヒー(砂焙煎コーヒー)」と名付けられたんですね。

この鳥取砂丘の砂を使った商品「砂たまご」も人気とのこと!

 

鳥取砂丘名産の砂コーヒーを実際に飲んでみた感想!

 

砂コーヒーを知って頂いたところで、実際に味はどうかという話に。

商品はこのように真空パックで販売されています。

ブラジル産のコーヒー豆を使っているようですね。

 

コーヒーの焦げ茶色の色合いや、味わいで苦味を推していることから、
深煎りのレシピで淹れてみることにしました!

<レシピ(1杯200ml)>
コーヒー豆:18g
お湯の量 :240ml
お湯の温度:85度
淹れる時間:2分30秒

深煎りなので、低温でじっくりと淹れ、甘みを取り出すイメージですね

過去記事:卓球カフェがおすすめの深煎りコーヒーの淹れ方

 

じっくり時間をかけて淹れていきます。

深煎りなので、淹れる際は500円玉くらいの大きさの円を描き、
壁を壊さないように。

※浅煎りの場合は少し淹れ方が変わってきます。

 

完成!!!

深煎りのコーヒーの良い香りが広がります。

 

さて味わってみると、

まず感じるのがコーヒーの苦味です。
そこまで強くはなく、程よい、チョコレートのような苦味。

この苦味は継続しないですーっと無くなり、スッキリとした後味。

また、口当たりは滑らかで、少しとろみもありリッチです。

深煎りだけど飲みやすい!というのが全体の印象でした。

一般的なブラジルのコーヒー豆だからでしょうか。
当店のインドネシアの深煎りのようなアーシー感やクセはなく、
苦味のあるコーヒーが好きという方にはぴったりでしょう!

コーヒーを飲む方へのお土産としておすすめです♩

 

お客様から色々なお店のコーヒー豆をいただくことがあるので、
また随時ご紹介していきたいと思います。

それではまた!

 

関連記事

  1. coffee
  2. ナイスカットミル
  3. ディカフェ
  4. コーヒー

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

PAGE TOP