STAFF BLOG

アイスカフェオレ

大人気!江戸川橋Lili HanaReカフェのアイスカフェオレの作り方

こんにちは、藤井です。

今日は暑い!

毎回暑い暑いと言っておりますが、今日の太陽の本気度は違いますね。

先程まで外のベンチに座っていて、最初の1分は太陽の気持ちよさを感じましたが、
5分も経つとジリジリと暑さを感じて中へ避難しました(笑)

安心してください、直射日光は朝だけで日中は日陰になるので過ごしやすいです。

さて、暑くなってきて人気のメニューが、アイス系のドリンクです。

以前、水出しアイスコーヒーやドリップ式の急冷型アイスコーヒーのお話をさせて頂きました。

過去ブログ:カフェで出てくるようなアイスコーヒーを自宅で簡単に作ろう

 

アイスコーヒーも人気ですが、やはりそれと同等あるいはそれ以上に人気なのが、

みんな大好きアイスカフェオレ!

 

アイスカフェオレ

 

コーヒーの苦味や酸味と、ミルクのまろやかさと甘みが見事にマッチ。

コーヒーが苦手でもカフェオレなら飲めるという方も多いのではないでしょうか。

以前、カフェオレのホットについて書かせて頂いたので、
今回は当店のアイスカフェオレの作り方についてお話したいと思います。

過去ブログ:江戸川橋卓球カフェのカフェ・オ・レのこだわり

 

江戸川橋卓球カフェで提供しているアイスカフェ・オ・レの作り方

 

まず当カフェで提供するアイスカフェオレで意識しているのは、

コーヒーが牛乳に負けないこと

です。

そのため、コーヒーを濃く抽出するために、エアロプレスでコーヒーを抽出しています。
そして、酸味を苦手とする方も多いので、
できるだけ酸味を抑えたコーヒーを使用することを意識しています。

主に当店ではインドネシアのコーヒー豆を使用しています。

もちろん、お客様のご希望に合わせて、
インドネシア、ブラジル、エチオピア、ディカフェの4種類のコーヒー豆からお選びいただけます。

いずれの豆にしても、低温でじっくりと淹れることで、過剰な酸味を抑えることができ、
仮に酸味が強いエチオピアのコーヒー豆を使用したとしても、嫌味なくフルーティーさを感じることができます。

 

では早速作ってみましょう。

 

<当店のアイスカフェオレの作り方>
200mlのアイスカフェオレ。
コーヒー100ml、ミルク100mlで200ml作ります。

【用意するもの】

  • エアロプレス一式
  • コーヒー豆(深煎り19g)
  • お湯
  • 牛乳100ml
  • 氷(キューブアイス6つほど)

まず、エアロプレスでコーヒーをつくります。

 

1)エアロプレスをセットして、中挽きで挽いたコーヒー豆19gを入れます。

コーヒー

2)85℃にセットしたお湯を、50ml注ぎます。

湯

3)30秒蒸らし、専用スティックで粉とお湯をなじませます。

エアロプレス

4)お湯を90ml注ぎ、専用スティックで10回程度回します。

エアロプレス

5)45秒〜1分かけてプレスし、コーヒーが完成。完成したコーヒーにキューブアイス2ついれて冷まします。

エアロプレス

6)グラスに氷80gを入れ、牛乳100mlを注ぎます。

milk

7)完成したコーヒーを100ml注ぎ、かき混ぜて完成。

カフェオレ

 

上記を基本として、お客様の好みに合わせて配分を変更したり、
コーヒー豆を変えたりしています。

ブラジルにするとより優しい味わいになり、
エチオピアにすると軽い口当たりでフルーティさも楽しむことができます。

また、コーヒー粉量を増やし、お湯を少なくしてエアロプレスで抽出すると、
エスプレッソのように濃いコーヒーになるため、
アイスカフェラテに近いドリンクも作ることができます。

是非当店のアイスカフェオレをご賞味ください♪

暑い時期は美味しいアイスカフェオレで涼みましょう!

アイスカフェオレ

<Lili HanaReからのお知らせ>

当カフェでも6月からヨガ教室を開催することになりました!

基本的には毎週火曜日14:00から15:00まで、
料金は2,500円(税込、1ドリンク付き)
となります!

<6月の開催>

  • 6月06日(火)14:00〜15:00
  • 6月20日(火)14:00〜15:00
  • 6月27日(火)14:00〜15:00

※6月13日(火)はお休みとなります。

お申込み、お問合わせはメールまたは電話にて受け付けております。

Mail:info@lili-hanare.com
TEL:03-6912-1875

 

関連記事

  1. コーヒー抽出
  2. coffeejelly
  3. カフェオレ
  4. coffee
  5. coffee

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

PAGE TOP